048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

家 購入 トラブル

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 家 購入 トラブル

家 または 購入 または トラブルに関する基礎知識記事や事例

  • 不動産売買取引における解除条件・停止条件・期限不動産売買取引における解除条件・停止条件・期限

    不動産売買取引には、「条件」や「期限」がつく場合があります。条件の中には「停止条件」や「解除条件」といったものが付く場合があります。 〇「停止条件」 停止条件とは、ある条件が成就した場合に効力...

  • 共有関係を解消する方法共有関係を解消する方法

    共有不動産など、一つのものを複数名で所有しているなど「共有」をされている場合、いつでも共有物の文達を行うことができます。共有を解消するためには任意での交渉を行って分割解消を行い、交渉が決裂した場...

  • 家賃滞納を理由に強制退去させられるか家賃滞納を理由に強制退去させられるか

    土地建物の明渡請求について、基本的には、自分に土地や建物の所有権があり、相手方が土地や建物を占有していれば、所有権に基づく返還請求として、土地や建物の明渡請求をすることができます。もっとも、相手...

  • アパート建て替えの流れや注意点アパート建て替えの流れや注意点

    ■アパート建て替えの注意点 アパートが老朽化するなどして、建て替えを検討する場合、重要となるのが入居者の立ち退き依頼です。大家さんが入居者に対して立ち退きを行ってもらうためには「正当な理由」が必...

  • 管理組合の役員選任方法|輪番制と立候補制それぞれの特徴管理組合の役員選任方法|輪番制と立候補制それぞれの特徴

    マンションの管理組合では、役員を管理組合員の中から選任いたします。 そして、役員の選出を行う際には、主に「輪番制」と「立候補制」という2つの形式がございます。 以下では、それぞれの形式の特徴およ...

  • マンション内の騒音・振動トラブルへの対処方法マンション内の騒音・振動トラブルへの対処方法

    騒音・振動トラブルは、近隣の住民による足音や話し声、テレビやピアノなどの音響機器、洗濯機や掃除機などの家電製品、近隣における工事といったさまざまな要因から発生します。 このような騒音・振動トラブ...

  • マンション管理組合を法人化するメリット・デメリットマンション管理組合を法人化するメリット・デメリット

    通常、マンションの管理組合は「権利能力なき社団」として扱われます。 しかし、一定の手続きを経ることによって管理組合を法人化させることが可能です。 こちらでは、マンションの管理組合を法人化する際の...

  • 不動産の相続不動産の相続

    では、生前贈与でなく、実際に相続が発生した場合、不動産の相続方法にはどのようなものがあるのでしょうか。 不動産を相続する場合、問題となるのが「不動産の分割方法」です。 分割しやすい現金や貴金属...

  • 家賃滞納に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください家賃滞納に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産を賃貸借する際に問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させる対価として「家賃」を支払うという前提のもとに結ばれているため、家賃を滞納されてしまうと賃貸借...

  • 弁護士に頼むか自分でやるか弁護士に頼むか自分でやるか

    家賃を滞納している借主に対しては、家賃の支払い催促や場合によっては建物明渡しなどの行動に移ることも考えられます。しかし、家賃の催促をしても支払わないなど、貸主側と借主側でトラブルが収束しないケー...

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • テナント退去時のトラブル対策

    テナント退去時のトラブル対策

    テナント契約を結び事業を行ったのち契約を解除してそこから退去をする場合、さまざまなトラブルの発生が予想...

  • マンション管理組合を法人化するメリット・デメリット

    マンション管理組合を法...

    通常、マンションの管理組合は「権利能力なき社団」として扱われます。 しかし、一定の手続きを経ることによ...

  • 不動産の相続対策に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産の相続対策に関す...

    不動産の相続問題を解決するにあたって、弁護士にご相談いただくことが非常に効果的であることをお伝えいたし...

  • 借地における地主からの更新拒絶

    借地における地主からの...

    存続期間のある借地契約は、当初の存続期間は30年以上、1回目の合意更新では20年以上、2回目の合意更新...

  • 正当事由と立ち退き料

    正当事由と立ち退き料

    賃貸人の都合により更新の拒絶を行うためには、「正当事由」が必要とされています。 この正当事由に当たる事...

  • 家賃滞納による明け渡し

    家賃滞納による明け渡し

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させ...

  • 不動産売買契約書

    不動産売買契約書

    不動産契約は非常に高価な契約となります。そのため、後々のトラブルを防止するためにも契約書の内容もポイン...

  • 長期修繕計画のサポート

    長期修繕計画のサポート

    マンション等の長期修繕計画においては、長期修繕計画の決定、修繕計画に必要な費用の徴収などを行わなければ...

  • 滞納者の家賃回収は弁護士にお任せください

    滞納者の家賃回収は弁護...

    ■滞納者の家賃回収の流れ まずは相手方に対して、督促状を送付します。督促状にはこれ以上支払いを滞納す...

よく検索されるキーワード

ページトップへ