048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

管理組合 マンション

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 管理組合 マンション

管理組合 マンションに関する基礎知識記事や事例

  • 管理費・修繕積立金滞納問題管理費・修繕積立金滞納問題

    マンションを購入したら管理組合の一員となるので、共有施設の修繕や管理のために「管理費」や「修繕積立金」を支払うことになります。 この管理費は、月々にすると2~3万円程度と大きくはありませんが、支...

  • マンションの長期修繕計画マンションの長期修繕計画

    マンションの長期修繕計画においては、 修繕計画の策定、修繕費の徴収などを行う必要がありますが、これらを行うに際して問題が発生する可能性があります。 修繕計画において、修繕費を低く見積もってしまっ...

  • 管理規約作成管理規約作成

    管理規約は、区分所有法(30条~46条)に基づいて作成されたものです。しかし、区分所有法は大まかな枠組みを定めたものに過ぎなかったため、この法律を基に作成した管理規約では、日常的に発生する様々な...

  • 管理組合の役員選任方法|輪番制と立候補制それぞれの特徴管理組合の役員選任方法|輪番制と立候補制それぞれの特徴

    マンションの管理組合では、役員を管理組合員の中から選任いたします。 そして、役員の選出を行う際には、主に「輪番制」と「立候補制」という2つの形式がございます。 以下では、それぞれの形式の特徴およ...

  • マンションの管理組合内トラブルマンションの管理組合内トラブル

    マンションの管理組合内トラブルには、以下をはじめとする様々なものがあります。 ■騒音などの近隣トラブル マンションでの早朝夜間でのピアノなどの楽器演奏などによる騒音トラブル、ペットの飼育管理に...

  • マンション管理組合と管理会社の関係マンション管理組合と管理会社の関係

    マンション管理組合とは、マンションの区分所有者全員が組合員となってマンションの維持管理などを行う団体になります。 しかしながらマンションの維持管理に関してはマンション管理の高度な専門知識が必要に...

  • 管理組合の役割管理組合の役割

    ■管理組合とは 分譲マンションのような集合住宅や、一棟の建物に複数の居住スペースや倉庫、店舗、事務所などのそれぞれが独立したスペースがある建物において、それぞれのスペースの所有権のことを「区分所...

  • 長期修繕計画のサポート長期修繕計画のサポート

    マンション等の長期修繕計画においては、長期修繕計画の決定、修繕計画に必要な費用の徴収などを行わなければなりません。しかし、当初予定していた修繕計画よりも多くの費用がかかってしまい、修繕積立金が足...

  • テナント退去時のトラブル対策テナント退去時のトラブル対策

    テナント契約を結び事業を行ったのち契約を解除してそこから退去をする場合、さまざまなトラブルの発生が予想されます。たとえば、原状回復費用がとても高額になった、敷金や保証金がほとんど返ってこなかった...

  • マンション管理組合を法人化するメリット・デメリットマンション管理組合を法人化するメリット・デメリット

    通常、マンションの管理組合は「権利能力なき社団」として扱われます。 しかし、一定の手続きを経ることによって管理組合を法人化させることが可能です。 こちらでは、マンションの管理組合を法人化する際の...

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 不動産売買取引における解除条件・停止条件・期限

    不動産売買取引における...

    不動産売買取引には、「条件」や「期限」がつく場合があります。条件の中には「停止条件」や「解除条件」とい...

  • 家賃滞納による明け渡し

    家賃滞納による明け渡し

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させ...

  • 借地における地主からの更新拒絶

    借地における地主からの...

    存続期間のある借地契約は、当初の存続期間は30年以上、1回目の合意更新では20年以上、2回目の合意更新...

  • 家賃滞納による賃貸借契約の解除

    家賃滞納による賃貸借契...

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させ...

  • 立ち退き訴訟の手続き・流れ

    立ち退き訴訟の手続き・流れ

    分譲マンションにおいて、管理組合が、区分所有者の一人に、何らかの理由で立ち退きを求める場合に、裁判をす...

  • 賃貸物件からの立ち退き交渉

    賃貸物件からの立ち退き交渉

    大きく分けて賃貸物件からの立ち退き交渉を行う要因は2つ存在します。 まず1つ目は「賃借人に何らかの問題...

  • 任意売却に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

    任意売却に関するご相談...

    もし住宅ローンが返せなくなり不動産が競売にかけられる可能性があるときには、「任意売却」も同時に検討して...

  • 建物賃貸借における賃貸人からの契約終了

    建物賃貸借における賃貸...

    アパートやマンションを建て替えるために賃借人の立ち退きを考えても、いきなり立退いてもらうことが可能な訳...

  • 不動産の相続対策に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産の相続対策に関す...

    不動産の相続問題を解決するにあたって、弁護士にご相談いただくことが非常に効果的であることをお伝えいたし...

よく検索されるキーワード

ページトップへ