048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

立ち退き交渉に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 立ち退き交渉に関する記事一覧 >
  3. 立ち退き交渉に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

立ち退き交渉に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

立ち退き請求には、2種類があります。
①「相手側に何かしらの問題があるため立ち退きを求める」ケース
②「賃貸人の都合により立ち退きを求める」ケース

どちらの請求であっても、相手側(賃借人)と交渉を行うことが予想されます。相手側が立ち退きに関してすんなり受け入れてくれれば良いのですが、賃借人の生活環境に関わる問題であるため、双方の間で紛争が生じる恐れもあります。
場合によっては、立ち退きに正当事由が存在しないと考えられてしまい、裁判まで発展する恐れも少なくありません。

また、賃貸人だけではどの程度の請求が「正当事由」に当たるかの判断を行うことは容易ではありませんし、仮に正当事由を補完する「立ち退き料」を利用すると決めても、「どの程度の金額を支払えばよいのか」と立ち退き料を算出することは非常に困難です。

そこで、立ち退き交渉で悩んだ時には、専門家である弁護士に相談を行うことによって問題解決が見込めます。専門的な知識を有し、さまざまな現場に対応してきた専門家であれば、ケースごとに適切なアドバイスを求める事が期待されます。
また、当事者同士の交渉では、お互いが自分の主張を行ってしまうため、話は平行線になってしまう可能性があります。しかし、話し合いの場に専門家を置くことによって、専門家が双方の意見を整理し、お互い納得のいく折衷案を導き出すことが期待されます。そして、複雑な立退料の算出も全て任せることが可能であるため、賃貸人の負担は一気に軽減されることになります。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)では、埼玉県さいたま市を中心に立ち退き交渉に関するご相談をお待ちしております。
立ち退き交渉で生じた疑問点から実際の交渉まで、立ち退き交渉に関して不安な気持ちをお持ちの方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 家賃滞納による賃貸借契約の解除

    家賃滞納による賃貸借契...

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させ...

  • 正当事由と立ち退き料

    正当事由と立ち退き料

    賃貸人の都合により更新の拒絶を行うためには、「正当事由」が必要とされています。 この正当事由に当たる事...

  • 賃料増額・減額阻止の流れ

    賃料増額・減額阻止の流れ

    賃料増減請求は、賃貸人・賃借人のどちら側からでも行うことができます。 オーナーとして賃貸借経営を行って...

  • 管理組合との顧問契約

    管理組合との顧問契約

    マンション管理では、区分所有法に基づき所有者全員で管理組合を作り、メンバーが自主的に管理を行う必要があ...

  • 管理規約作成

    管理規約作成

    管理規約は、区分所有法(30条~46条)に基づいて作成されたものです。しかし、区分所有法は大まかな枠組...

  • 賃料増額請求・減額阻止

    賃料増額請求・減額阻止

    不動産運営する上で、賃貸人・賃借人の双方が気に掛ける事項として、月々の「賃料」問題が挙げられます。 支...

  • 家賃滞納を理由に強制退去させられるか

    家賃滞納を理由に強制退...

    土地建物の明渡請求について、基本的には、自分に土地や建物の所有権があり、相手方が土地や建物を占有してい...

  • マンション管理組合を法人化するメリット・デメリット

    マンション管理組合を法...

    通常、マンションの管理組合は「権利能力なき社団」として扱われます。 しかし、一定の手続きを経ることによ...

  • 管理組合の役割

    管理組合の役割

    ■管理組合とは 分譲マンションのような集合住宅や、一棟の建物に複数の居住スペースや倉庫、店舗、事務所な...

よく検索されるキーワード

ページトップへ