048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

家賃滞納に関する記事一覧

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 家賃滞納に関する記事一覧

家賃滞納

不動産を賃貸借する際に問題となってくるのは、「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させる対価として「家賃」を支払うという前提のもとに結ばれているため、家賃を滞納されてしまうと賃貸借の大前提が崩れてしまいます。

家賃を滞納された際には、「家賃支払いの催促」、「任意交渉」、「訴訟」、「明渡しの強制執行」など数多くの手段はありますが、どの方法も状況に応じて使い分けなければなりません。催促されて家賃を支払う方にとって、訴訟や強制執行を行うと非常に後味の悪い結果になってしまうことは間違いありません。

また、訴訟や強制執行をはじめ家賃滞納トラブルの解決には数多くの法的要素が絡んできます。そのため、家賃滞納トラブルの解決には専門家である弁護士をご利用ください。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)では、さいたま市を中心に埼玉県のエリアで「不動産売買トラブル」、「土地収用」、「不動産相続登記」などのご相談を受け付けております。「家賃滞納」についてお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

家賃滞納に関する基礎知識や事例

  • 家賃滞納による明け渡し家賃滞納による明け渡し

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させる対価として「家賃」を支払うという前提のもとに結ばれているため、家賃を滞納されてしまうと賃貸...

  • 家賃滞納による賃貸借契約の解除家賃滞納による賃貸借契約の解除

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させる対価として「家賃」を支払うという前提のもとに結ばれているため、家賃を滞納されてしまうと賃貸...

  • 家賃滞納による建物明渡しの手続き家賃滞納による建物明渡しの手続き

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、ご自身で借主と交渉することも可能ですが、借主側は建物の明渡しを望んではいないことがほとんどで...

  • 任意の明け渡しについて任意の明け渡しについて

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、ご自身で借主と交渉することも可能ですが、借主側は建物の明渡しを望んではいないことがほとんどで...

  • 弁護士に頼むか自分でやるか弁護士に頼むか自分でやるか

    家賃を滞納している借主に対しては、家賃の支払い催促や場合によっては建物明渡しなどの行動に移ることも考えられます。しかし、家賃の催促をしても支払わないなど、貸主側と借主側でトラブルが収束しないケー...

  • 家賃滞納に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください家賃滞納に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産を賃貸借する際に問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させる対価として「家賃」を支払うという前提のもとに結ばれているため、家賃を滞納されてしまうと賃貸借...

  • 家賃滞納を理由に強制退去させられるか家賃滞納を理由に強制退去させられるか

    土地建物の明渡請求について、基本的には、自分に土地や建物の所有権があり、相手方が土地や建物を占有していれば、所有権に基づく返還請求として、土地や建物の明渡請求をすることができます。もっとも、相手...

  • 滞納者の家賃回収は弁護士にお任せください滞納者の家賃回収は弁護士にお任せください

    ■滞納者の家賃回収の流れ まずは相手方に対して、督促状を送付します。督促状にはこれ以上支払いを滞納するようであれば法的措置をとる旨記載します。それでも支払いがない場合、内容証明郵便を用いて、相...

  • 家賃滞納の時効は何年?踏み倒しを阻止するには家賃滞納の時効は何年?踏み倒しを阻止するには

    権利を行使できる一定の期間内に、その権利を行使しないことによって権利自体が消滅してしまうことを、「消滅時効制度」と呼称します。 一般的な債権が時効によって消滅する期間は10年間とされていますが、...

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 任意売却のメリット

    任意売却のメリット

    不動産を処分して現金化する際に「競売」か「任意売却」どちらの手法を使えば良いのか悩むケースがあります。...

  • 不動産売買取引と違約金

    不動産売買取引と違約金

    不動産売買では、「違約金」を定めることができます。多くの場合は契約前の重要事項説明書の説明でも話題に上...

  • 立ち退き訴訟の手続き・流れ

    立ち退き訴訟の手続き・流れ

    分譲マンションにおいて、管理組合が、区分所有者の一人に、何らかの理由で立ち退きを求める場合に、裁判をす...

  • 不動産の相続対策に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産の相続対策に関す...

    不動産の相続問題を解決するにあたって、弁護士にご相談いただくことが非常に効果的であることをお伝えいたし...

  • 不動産売買トラブルに関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産売買トラブルに関...

    不動産の売買には、さまざまなトラブルが発生すると考えられます。 「契約の内容」、「条件」、「手付金」...

  • 不動産売買契約における手付金

    不動産売買契約における手付金

    手付金には3つの意味を持ちます。 ・契約の証拠としての「証約手付」 ・解約の代償としての「解約手付」 ...

  • マンションを遺産相続する際の注意点

    マンションを遺産相続す...

    マンションを相続する際には、遺産分割の方法や遺産分割後の維持費などの問題が生じます。 ■遺産分割の方...

  • 遺産を受け取る-不動産の遺産分割協議-

    遺産を受け取る-不動産...

    では次に、遺産を受け取る方にとって重要な「不動産の遺産分割協議」について、ご説明させていただきます。 ...

  • 不動産競売で滞納管理費を回収するには

    不動産競売で滞納管理費...

    不動産競売で滞納管理費を回収するには、以下の方法があります。 ■①先取特権に基づく不動産の売買と滞納...

よく検索されるキーワード

ページトップへ