048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

賃貸物件からの立ち退き交渉

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 立ち退き交渉に関する記事一覧 >
  3. 賃貸物件からの立ち退き交渉

賃貸物件からの立ち退き交渉

大きく分けて賃貸物件からの立ち退き交渉を行う要因は2つ存在します。
まず1つ目は「賃借人に何らかの問題があり立ち退きを求める」であり、2つめのケースとは「賃借人に問題はないが、賃貸人の都合により立ち退きを求める」場合のことをいいます。
前者の立ち退きは、賃借人が家賃滞納を行った時や、契約内容と反する行いをした時に、法的手法によって強制的に立ち退きを求める事ができます。
その一方で後者の賃貸人の都合により立ち退きを求めるケースの具体例としては、老朽化によりアパートやマンションの改修工事を行うため住民に立退いてもらうケースや建物を解体して身内のために居住用の住居を建設する場合等が挙げられます。このような時には、賃借人と交渉を行うことによって立ち退きを求めることになります。

ただ、賃貸人の都合により建物を立退いてもらうケースでは常に立ち退き請求が認められるわけではありません。賃貸人の都合により更新の拒絶を行うためには、借家の立ち退きを求める理由や根拠を示す「正当事由」が必要になります。
賃貸人の申し出が正当事由に当たるか否かの判断を行うためには、賃貸人側の都合・当事者同士の関係・建物の利用状況などさまざまな事情を総合的に考慮した上で判断されます、仮に賃貸人からの申し出が、契約を拒絶するための十分な正当事由が存在しなかったとしても、「立退料」と呼ばれるものを賃借人に支払うことによって、正当事由が補完され、立退きが認められるケースも存在します。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)では、埼玉県さいたま市を中心に賃貸物件からの立ち退き交渉に関するご相談をお待ちしております。
家賃滞納による立ち退き交渉や、賃貸人側の都合による交渉など、立ち退き交渉に関して少しでもご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 不動産売買取引における解除条件・停止条件・期限

    不動産売買取引における...

    不動産売買取引には、「条件」や「期限」がつく場合があります。条件の中には「停止条件」や「解除条件」とい...

  • 建物賃貸借における賃貸人からの契約終了

    建物賃貸借における賃貸...

    アパートやマンションを建て替えるために賃借人の立ち退きを考えても、いきなり立退いてもらうことが可能な訳...

  • 家賃滞納による建物明渡しの手続き

    家賃滞納による建物明渡...

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、...

  • 不動産売買契約書

    不動産売買契約書

    不動産契約は非常に高価な契約となります。そのため、後々のトラブルを防止するためにも契約書の内容もポイン...

  • 管理費・修繕積立金滞納問題

    管理費・修繕積立金滞納問題

    マンションを購入したら管理組合の一員となるので、共有施設の修繕や管理のために「管理費」や「修繕積立金」...

  • 共有不動産の処分に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    共有不動産の処分に関す...

    共有不動産など、一つのものを複数名で所有しているなど「共有」をされている場合、いつでも共有物の文達を行...

  • 借地における地主からの更新拒絶

    借地における地主からの...

    存続期間のある借地契約は、当初の存続期間は30年以上、1回目の合意更新では20年以上、2回目の合意更新...

  • 不動産の任意売却

    不動産の任意売却

    離婚などの要因で住宅ローンが残っているマイホームの取り扱いに悩んだ時に、さまざまな問題が発生することが...

  • マンションの長期修繕計画

    マンションの長期修繕計画

    マンションの長期修繕計画においては、 修繕計画の策定、修繕費の徴収などを行う必要がありますが、これらを...

よく検索されるキーワード

ページトップへ