048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

賃料増額・減額に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 賃料増額・減額に関する記事一覧 >
  3. 賃料増額・減額に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

賃料増額・減額に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

賃料増減交渉においてお互いが納得いく合意を形成するためには、なによりもお互いの話し合いが大切になってきます。この賃料増減・減額交渉は賃借人と賃貸人の利益が反する問題です。
そのため、どちらか片方が感情的に自分の意見を主張してしまうと、円満な賃料増減交渉はできません。また、相手側が提示した賃料が妥当であるかの判断も容易ではありませんので、賃料増減交渉で悩んだ時には、弁護士などの専門家に相談することが大切です。専門的な知識を有した弁護士であれば、賃料増減交渉の際に提示された金額の妥当性を判断してくれることが期待できます。
それに加えて、話し合いの場所に弁護士を設けることによって、お互いの意見を客観的に整理してもらえますし、賃料に関して適切なアドバイスを求めることができます。

仮に、話し合いでは合意形成がなされず調停や民事訴訟に進んだとしても、弁護士に依頼することで複雑な手続きを任せることができますし、心理的な安心感を得ることが見込めます。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)では、埼玉県さいたま市を中心に賃料増減・減額交渉に関するご相談をお待ちしております。
実際に賃借人からの請求が来た場合の対処法や、賃料増減訴訟まで発展した時の手続きなど、賃料増減・減額交渉に関して少しでもご不明な点等ございましたら、どのような問題であっても真摯に対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 家賃滞納による建物明渡しの手続き

    家賃滞納による建物明渡...

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、...

  • 共有物分割請求権と手続き

    共有物分割請求権と手続き

    「共有物分割請求権」とは、民法256条第1項に記載されている「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求す...

  • 管理規約作成

    管理規約作成

    管理規約は、区分所有法(30条~46条)に基づいて作成されたものです。しかし、区分所有法は大まかな枠組...

  • 不動産売買契約書

    不動産売買契約書

    不動産契約は非常に高価な契約となります。そのため、後々のトラブルを防止するためにも契約書の内容もポイン...

  • 任意売却のメリット

    任意売却のメリット

    不動産を処分して現金化する際に「競売」か「任意売却」どちらの手法を使えば良いのか悩むケースがあります。...

  • 共有不動産分割サービスの流れ

    共有不動産分割サービスの流れ

    共有不動産の分割請求を行うことは「権利」です。共有不動産分割の際には3つの方法があります。 ①協議に...

  • 遺産を残す-相続対策支援・遺言作成-

    遺産を残す-相続対策支...

    不動産の相続をトラブルなく行うにあたって、弁護士はどのようなお手伝いをすることができるのでしょうか。 ...

  • 不動産売買契約における手付金

    不動産売買契約における手付金

    手付金には3つの意味を持ちます。 ・契約の証拠としての「証約手付」 ・解約の代償としての「解約手付」 ...

  • 賃料増額・減額に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にご相談ください

    賃料増額・減額に関する...

    賃料増減交渉においてお互いが納得いく合意を形成するためには、なによりもお互いの話し合いが大切になってき...

よく検索されるキーワード

ページトップへ