048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

任意売却のメリット

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 任意売却に関する記事一覧 >
  3. 任意売却のメリット

任意売却のメリット

不動産を処分して現金化する際に「競売」か「任意売却」どちらの手法を使えば良いのか悩むケースがあります。
一般的に競売よりも任意売却の方が回収額が高くなると言われています。なぜなら、競売の相手方は業者であり、当該不動産の情報があまり公開されず、断片的な情報からでしか不動産の価値を判断できないからです。
そのため、競売では市場価格の6~7割程度しか回収できず、「競売を行っても住宅ローンを完済できない」と言った状況が生まれる恐れがあります。

その一方で、任意整理は業者のみならず広い範囲を買受人の対象としており、買受人にとっても直接住居を見ることができるため、競売よりも市場価格に近い値段で売却できることが期待できます。
そして任意売却最大のメリットとして、マイホームに住み続けることが可能となる点が挙げられます。任意売却を行い、その後買受人との間で賃貸借契約を結ぶ手法の事を「リースバック」と呼びます。
このリースバックでは、租税の負担や住宅ローンの返済も無くなるため、経済的な負担を軽減しつつ今までのマイホームに住むことが可能となるのです。

競売では、新聞やインターネットなどの媒体で物件の情報が記載されてしまうため、近所の人に競売がばれてしまう恐れがあるため、精神的にも負担がかかってしまいます。
その一方で、任意売却は通常の売却と変わりがないため、近所の人に知られるリスクはほとんどありません。したがって、周囲の目を気にすることなく、不動産売却に踏み切れるのです。
また、任意売却を利用すれば、交渉次第で引っ越し費用を捻出してもらうことも可能であるため、引っ越し費用がなくても利用できる点がメリットの1つであるといえます。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)では、埼玉県さいたま市を中心に任意売却に関するご相談を承っております。
任意売却のメリットや方法など、任意売却をもっと詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 管理規約違反者への対応

    管理規約違反者への対応

    マンション管理においては、住民が快適に日々の生活を過ごせるように基本的なルールを定めた「管理規約」と呼...

  • 不動産の相続

    不動産の相続

    では、生前贈与でなく、実際に相続が発生した場合、不動産の相続方法にはどのようなものがあるのでしょうか。...

  • 不動産の任意売却

    不動産の任意売却

    離婚などの要因で住宅ローンが残っているマイホームの取り扱いに悩んだ時に、さまざまな問題が発生することが...

  • 任意の明け渡しについて

    任意の明け渡しについて

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、...

  • 不動産売買契約における手付金

    不動産売買契約における手付金

    手付金には3つの意味を持ちます。 ・契約の証拠としての「証約手付」 ・解約の代償としての「解約手付」 ...

  • 賃貸物件からの立ち退き交渉

    賃貸物件からの立ち退き交渉

    大きく分けて賃貸物件からの立ち退き交渉を行う要因は2つ存在します。 まず1つ目は「賃借人に何らかの問題...

  • 共有関係を解消する方法

    共有関係を解消する方法

    共有不動産など、一つのものを複数名で所有しているなど「共有」をされている場合、いつでも共有物の文達を行...

  • 家賃滞納による建物明渡しの手続き

    家賃滞納による建物明渡...

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、...

  • 建物賃貸借における賃貸人からの契約終了

    建物賃貸借における賃貸...

    アパートやマンションを建て替えるために賃借人の立ち退きを考えても、いきなり立退いてもらうことが可能な訳...

よく検索されるキーワード

ページトップへ