048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

不動産の相続対策に関する記事一覧

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 不動産の相続対策に関する記事一覧

不動産の相続対策

不動産の相続において、何よりも心がけなければならないのは「トラブルを発生させないよう、ご家族やご親族間で不動産を相続すること」だといえます。
そのためには、相続が実際に発生するその前に、「生前贈与」という形で、不動産の扱いをどうするかという結論を導いていただくことが有効だといえます。
より多くのお客様に後悔のない不動産相続を行っていただくために、2つの「不動産の生前贈与の方法」について、簡単にご説明いたします。

1.配偶者控除を利用した生前贈与
これは、ご家族で長年使われてきた不動産を、ご自身の配偶者に生前贈与するという方法です。
配偶者控除では、贈与の基礎控除と併せて2110万円まで贈与税が無税となります。
配偶者に、不動産の全部もしく一部を生前贈与することによって、相続以降もご家族で不動産を長くお使いいただくことが可能になります。

配偶者控除の適用条件は、以下の通りです。
①20年以上の婚姻期間があること
②贈与を受けた配偶者が住む不動産、またはそれを購入する資金の贈与であること
③贈与を受けた翌年3月15日までに該当の不動産に居住し、その後も引き続き居住する見込みがあること
④以前に同じ配偶者から特例を受けておらず、かつ贈与税の申告をすること
以上の条件を満たせば、この方法を活用することができます。ご自身の場合は活用することができるか否か、ご相談いただくことによって判断させていただくことができます。

2.相続時精算課税制度を利用した生前贈与
相続時精算課税制度とは、2500万円までの贈与を相続時に精算する前提で贈与税を非課税にする制度です。
この制度を利用することによって、贈与の年のはじめに65歳以上であった親から、20歳以上の子に2500万円までの財産を贈与しても、翌年の3月15日までに申告すれば贈与税がかからない、というメリットがあります。

以上の2つの方法の他にも、お客様の状況に沿った解決策のご提案をさせていただくことができます。
不動産を巡ってお悩みの方は、なるべく相続が発生する前から、弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)は、マンションや不動産のお悩みに加え、一般家事事件と民事事件の豊富な解決実績を有しています。
さいたま市にお住まいのお客様をはじめとして、埼玉県内にお住まいのお客様からのご相談に広くお応えいたしております。
不動産の相続対策でお悩みの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

不動産の相続対策に関する基礎知識や事例

  • 不動産の相続不動産の相続

    では、生前贈与でなく、実際に相続が発生した場合、不動産の相続方法にはどのようなものがあるのでしょうか。 不動産を相続する場合、問題となるのが「不動産の分割方法」です。 分割しやすい現金や貴金属...

  • 遺産を残す-相続対策支援・遺言作成-遺産を残す-相続対策支援・遺言作成-

    不動産の相続をトラブルなく行うにあたって、弁護士はどのようなお手伝いをすることができるのでしょうか。 まずは遺産を残される方のための対策についてご説明いたします。 1.相続対策支援 弁護士にご...

  • 遺産を受け取る-不動産の遺産分割協議-遺産を受け取る-不動産の遺産分割協議-

    では次に、遺産を受け取る方にとって重要な「不動産の遺産分割協議」について、ご説明させていただきます。 まず、「遺産分割協議」についてご説明させていただきます。 故人の遺言がなかった場合、法律に...

  • 不動産の相続対策に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください不動産の相続対策に関するご相談は弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)にお任せください

    不動産の相続問題を解決するにあたって、弁護士にご相談いただくことが非常に効果的であることをお伝えいたしました。 では、数ある法律事務所の中で、当事務所にご相談いただくことにはどんなメリットがある...

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 不動産売買取引における解除条件・停止条件・期限

    不動産売買取引における...

    不動産売買取引には、「条件」や「期限」がつく場合があります。条件の中には「停止条件」や「解除条件」とい...

  • 不動産売買トラブル対応の流れ

    不動産売買トラブル対応の流れ

    不動産売買の際には「瑕疵」、「解約」、「手付金」などさまざまなトラブルが発生します。トラブルの被害を最...

  • 任意の明け渡しについて

    任意の明け渡しについて

    家賃を滞納してる借主に対しては、最後の手段として建物明渡しの手続きを行うことになります。この手続きは、...

  • 賃料増額・減額阻止の流れ

    賃料増額・減額阻止の流れ

    賃料増減請求は、賃貸人・賃借人のどちら側からでも行うことができます。 オーナーとして賃貸借経営を行って...

  • 共有物分割請求を弁護士に依頼するメリット

    共有物分割請求を弁護士...

    共有不動産など、一つのものを複数名で所有しているなど「共有」をされている場合、いつでも共有物の文達を行...

  • 管理規約作成

    管理規約作成

    管理規約は、区分所有法(30条~46条)に基づいて作成されたものです。しかし、区分所有法は大まかな枠組...

  • 管理組合との顧問契約

    管理組合との顧問契約

    マンション管理では、区分所有法に基づき所有者全員で管理組合を作り、メンバーが自主的に管理を行う必要があ...

  • 建物賃貸借における賃貸人からの契約終了

    建物賃貸借における賃貸...

    アパートやマンションを建て替えるために賃借人の立ち退きを考えても、いきなり立退いてもらうことが可能な訳...

  • 任意売却のメリット

    任意売却のメリット

    不動産を処分して現金化する際に「競売」か「任意売却」どちらの手法を使えば良いのか悩むケースがあります。...

よく検索されるキーワード

ページトップへ