048-833-4621 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
受付時間
9:00~18:00

遺産を受け取る-不動産の遺産分割協議-

  1. 弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所) >
  2. 不動産の相続対策に関する記事一覧 >
  3. 遺産を受け取る-不動産の遺産分割協議-

遺産を受け取る-不動産の遺産分割協議-

では次に、遺産を受け取る方にとって重要な「不動産の遺産分割協議」について、ご説明させていただきます。

まず、「遺産分割協議」についてご説明させていただきます。
故人の遺言がなかった場合、法律に定められた身分の「法定相続人」が、同じく法律によって定められた分配の割合である「法定相続分」に沿って遺産を相続することになります。
その際、どの遺産を誰が相続するのか等を、法定相続人同士で話し合うことになります。これが「遺産分割協議」です。
しかし、遺産の中に不動産が含まれていた場合、この遺産分割協議においてトラブルが発生してしまう可能性が上がってしまいます。なぜなら、不動産には「分配しにくい」という性質があり、法定相続人の皆様にとって非常に思い入れがあるものである場合が多いからです。
そのため、遺産分割協議において、
「なぜ一人の法定相続人が不動産を相続するのか」
「一緒にその不動産に住んでいたのに、自分には相続されないのか」
「代償相続するとしても、代償金が支払えないので相続できない」
等、不満が発生してしまうケースが少なくないのです。

このようなトラブルを解決するためには、「第三者である弁護士に遺産分割協議を依頼する」ということが重要です。
関係の深い親族との協議だからこそトラブルが発生しやすい、という性質に対し、第三者である弁護士が客観的な視点からアドバイスをさせていただくことが、非常に効果的なのです。
加えて、弁護士には豊富な知識と経験があります。そのため、お客様のご事情に応じて、適切なアドバイスをさせていただくことができます。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)は、マンションや不動産のお悩みに加え、一般家事事件と民事事件の豊富な解決実績を有しています。
さいたま市にお住まいのお客様をはじめとして、埼玉県内にお住まいのお客様からのご相談に広くお応えいたしております。
不動産の遺産分割協議でお悩みの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 河原﨑 友太(浦和法律事務所)が提供する基礎知識

  • 弁護士に頼むか自分でやるか

    弁護士に頼むか自分でやるか

    家賃を滞納している借主に対しては、家賃の支払い催促や場合によっては建物明渡しなどの行動に移ることも考え...

  • 建物賃貸借における賃貸人からの契約終了

    建物賃貸借における賃貸...

    アパートやマンションを建て替えるために賃借人の立ち退きを考えても、いきなり立退いてもらうことが可能な訳...

  • 共有不動産の分割

    共有不動産の分割

    共有物分割とは、共有しているものを単独社の所有物とするために分割することです。例えば、一つの土地を二人...

  • 不動産の相続

    不動産の相続

    では、生前贈与でなく、実際に相続が発生した場合、不動産の相続方法にはどのようなものがあるのでしょうか。...

  • 共有物分割請求権と手続き

    共有物分割請求権と手続き

    「共有物分割請求権」とは、民法256条第1項に記載されている「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求す...

  • 借地における地主からの更新拒絶

    借地における地主からの...

    存続期間のある借地契約は、当初の存続期間は30年以上、1回目の合意更新では20年以上、2回目の合意更新...

  • 家賃滞納による明け渡し

    家賃滞納による明け渡し

    不動産を賃貸借する際に、問題となってくるのは「家賃滞納」です。不動産の賃貸借契約は不動産を使用収益させ...

  • 家賃滞納を理由に強制退去させられるか

    家賃滞納を理由に強制退...

    土地建物の明渡請求について、基本的には、自分に土地や建物の所有権があり、相手方が土地や建物を占有してい...

  • 管理組合の役割

    管理組合の役割

    ■管理組合とは 分譲マンションのような集合住宅や、一棟の建物に複数の居住スペースや倉庫、店舗、事務所な...

よく検索されるキーワード

ページトップへ